ネットワーク型RTK−GNSS

 

従来は衛星測位の総称をGPSとしていました。

GNSS(Global Navigation Satellite System)とは、複数の衛星測位システムを含む総称です。

 

ネットワーク型RTK−GNSSとは? (潟Wェノバホームページより抜粋

従来のRTK−GNSS測量では、固定点の選定や踏査が必要でしたが、ネットワーク型RTK―GNSSの場合、電子基準点をベースとした

補正情報等を利用するので、基準局に関する作業が全て不用になります。

 

 

ネットワーク型RTK―GNSSは移動局のみの観測になるため、1人1台の観測が可能になり、大幅なコスト削減が図れます。

また、当日の現場状況によって作業スケジュールを変更する等、自由な段取りで効率化を図れます。

主な用途としては、基準点測量、地形測量、路線測量、河川測量、用地測量、基礎測量、杭打ちなどに使用できます

 

 

ネットワーク型RTKの測位結果

ジェノバ方式で配信される仮想点補正データは、常に最寄の電子基準点3点の成果に合致します。これにより、新点上で単点観測のみ

であっても電子基準点3点を利用した網平均結果と同等の観測結果となります。