測地成果2011 

 

測地成果2011とは? 国土地理院HPより抜粋

 

平成23(2011)東北地方太平洋沖地震に伴い、大きな地殻変動が観測されました。国土地理院で

は、三角点1,846点及び水準点1,897点の現地測量結果を基に、119県における43,312点の三角

点位置及び1,897点の水準点標高の計算を進め、改定値が公表されました。 

新しい測量成果の名称は、三角点及び水準点とも全国で「測地成果2011」に改め、基準点成果表の書式

も変更されました

 

また、地震の影響は原点にも及びました。日本経緯度原点は東に約27cm移動し、日本水準原点は2.4

cm沈下したことが確認されました。このため、測量の正確さを確保するため、原点数値のうち日本経

緯度原点の経度と原点方位角及び日本水準原点の高さが改定されました。

 

これまでの日本経緯度原点は、平成13年の測量法改正時に世界測地系の導入に伴い、原点数値が改正さ

れ、日本水準原点は、大正12年の関東大震災の後の昭和3年に原点数値が改正されましたが、2つの原

点数値が同時に改正されるのは初めてとなります。

なお、改定した測量成果は今回改正された原点数値に基づき計算されたものです。

 

成果改定に伴う対応

 

国土地理院では、成果の改定に伴い、公共基準点をはじめとする多くの座標値について、誰でも簡単に

変更できるように、下記のプログラムが用意されています。

 

●日本測地系と測地成果2000の座標返還:TKY2JGD

※全国対象

 

●測地成果2000と測地成果2011座標補正:PatchJGD

※座標補正対象エリアは、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都(島しょ部地域を除く)、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県および岐阜県が含まれます。

 

どちらもアプリケーション版とWeb版があります。Webはこちらの測量計算サイトから

 

国土地理院HPより抜粋)